怒りを上手にコントロール!介護現場の新しい手法

利用者もリラックス!怒りをコントロールする手法

介護の現場で、怒りを上手にコントロールする手法を取り入れる動きが広がり始めているんですよね。勤務が不規則な上、限られた時間内に高齢者への多様な対応を迫られるというのがケアの仕事なんですよね。感情を抑えるということが難しくなりがちなんですが、怒りをコントロールする手法を活用することで職場の雰囲気が和らぎますから、利用者もリラックスできるといったような効果が上がってきているんですよ。職員の気持ちに余裕があれば、利用者が口にしなくても、何をしてほしいか分かるようになりますよね。

感情に振り回されない方法とは?

自分の怒りのパターンを知れば、感情に振り回されない方法が身につくんですよね。この方法は、ドメスティックバイオレンスや窃盗の常習犯などの矯正プログラムとして開発されたものなんですね。企業経営者やスポーツ選手、俳優など、さまざまな職種の人が活用しているんですよ。介護職員のいら立ちは施設に入居する利用者にも伝わりますから、自分の感情をコントロールしながら相手と接する介護の現場では、不可欠なスキルなんですよね。

まずは自分が変わること!

ある認知症の女性は、深夜から朝方まで1時間おきにコールボタンでヘルパーを呼び出していたんですよね。介護記録を点検した職員は、特定のヘルパーが夜勤の日にコール回数が目立って多いことに気付いたんですね。このヘルパーはイライラすると行動が乱暴になりがちなので、感情を抑えて積極的に声をかけるようヘルパーに促したところ、女性からのコールは激減したんですよ。この手法は、家族を介護する人にも効果的ですよね。相手を変えようと思わず、まず自分が変わるとラクになりますよ。

介護に就職するときに有利になるのがケースワーカーです。ケースワーカーは介護職で働く場合の標準資格として定着しています。