美容師さんに分かりやすいイメージの伝え方

お気に入りの美容師さんはいますか?

自分のイメージ通りにばっちりキメてくれる愛称抜群の美容師さんはいますか?髪を切るだけで人に与える印象は大きく変わるため、美容室に行くときは失敗したくないものですね。そのためには自分の思った通り、もしくは理想通りにヘアメイクをしてくれる美容師さんを見つけること。でも、なかなか良い美容師に出会うことができずに色々な美容室を転々としているひとも多いはず。自分の持っているイメージを相手に伝えることって難しいですね。

美容師さんに分かりやすく”私”を伝えよう!

お客の側がイメージを伝えづらいのと同じように、美容師側もお客様のニーズを掴みにくいということもあります。どういうイメージをしているのか明確に伝えることができないお客様が多いためです。そういえば自分もなかなか伝えられないな、と感じる人は多いはず。そんな時は分かりやすく自分を表現しましょう。1番お気に入りの服を着ていき、普段しているメイクで美容室に行きます。服装やメイクから美容師にイメージを伝えることができます。

「これがいい」より「これは嫌」が分かりやすい

ヘアカタログを見せられても「これもいいな」「あ、でもこっちもいいな」と迷ってしまって決められないことはありませんか。人の許容範囲は意外と広いものです。ですので、「良い」と感じるものよりも「嫌だ」と感じることのほうが明確に表現できます。「可愛い系は嫌」「セットに時間がかかるのは嫌」など、自分にとって嫌なイメージを排除していったほうが分かりやすくなります。消去法をしていくということです。美容室でイメージを伝えづらい人は、試してみてください。

条件の良い美容師の求人を探すにはネットや就職情報誌を利用するのが良いです。お店によって給料や休日、福利厚生など待遇が違うので自分に合った条件の場所を見つけるのが妥当です。